知財風塵録

経営者、産学連携コーディネーター・URA、発明者(研究者・開発者)が知っておきたい知的財産と特許の世界

Googleからの広告リンク


「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」:特許庁アナウンス

特許庁から次のようなアナウンスがされています:
「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」:

www.jpo.go.jp

これによると、「最近、一部の出願人の方から他人の商標の先取りとなるような出願などの商標登録出願が大量に行われています。しかも、これらのほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願となっています。」という事情であるようです。
他人によって自らの商標と同じ商標が出願されてしまっていた、という事情は、いわばよくある事情ではありますし、
このような商標登録出願人や商標使用者との紛争において、行政庁である特許庁としては、どちらかが有利になるように取り扱うというのは、本来的には行わないことではあるのですが、
最近、生じている問題は、個別の争いを超えて、商標制度の運用に関わる問題であるとする立場で、アナウンスしているようです。
該当されるかたは、特許庁の上記アナウンスをぜひご参照ください。
なお、このような場合に、相手方となる商標登録出願人や代理人に対して連絡をとろうとお考えの場合には、必ずそれに先だって、信頼できる専門家にどうすべきかを相談されることをお薦めします。相手方に連絡をとることそれだけでも不利益が生じる場合があるからです。