知財風塵録

経営者、産学連携コーディネーター・URA、発明者(研究者・開発者)が知っておきたい知的財産と特許の世界

Googleからの広告リンク


知財経営(知的財産経営)について(1):

 知財経営(知的財産経営)という言葉がありますね。
 これはいったい何を指しているのでしょうか。

 工場経営、とか、商社経営、とか、そういった言葉とはニュアンスが違いそうです。

 知財経営、と表現した場合には、「知財」は経営する対象というよりも、経営にあたって考慮されるべき経営資源のひとつです。

 知財(知的財産)の重みの大きさに、最近、だんだんと注目されるようになってきました。これまで、知的財産にあまり注意を払うことなく、経営がなされてきたのかも知れないのですが、知的財産のことを全く考慮しないでは、経営者としての責任が果たせない時代に、もはやなっています。

 その意味では、もし、知的財産を考慮しないままで経営がなされていれば、それは、知財経営を行っていないのではなくて、本来的な意味の経営が行われていない、と言えるのでしょう。